border=
 border=
 border=


 border=

人文知識・国際業務ビザ

 border=

 border=


 border=

技術ビザ

 border=

 border=


 border=

技能ビザ

 border=

 border=


 border=

興行ビザ

 border=

 border=


 border=

経営管理ビザ

 border=

 border=


 border=

企業内転勤ビザ

 border=

 border=


 border=

家族滞在ビザ

 border=

 border=


 border=

日本人の配偶者等ビザ

 border=

 border=


 border=

定住者ビザ

 border=

 border=
 border=
 border=


 border=

在留資格変更

 border=

 border=


 border=

在留資格更新

 border=

 border=


 border=

在留資格認定証明書

 border=

 border=


 border=

就労資格証明書

 border=

 border=


 border=

入国管理局一覧

 border=

 border=
 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


 border=
トップページ > 人文知識・国際業務ビザ  > 国際業務に従事する場合の基準
在留資格(人文知識・国際業務ビザ)
外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する場合の基準

?翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝または海外取引業務、服装もしくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること

?従事しようとする業務に関連する業務に3年以上実務経験を有すること

?会社内の他の日本人と同等以上の報酬を受け取ること

「翻訳、通訳、語学の指導」について

翻訳、通訳、語学の指導の業務に従事する場合は、3年以上の実務経験がなくても、大学を卒業していれば認められます。

大学には、短期大学、大学院も含みます。

報酬について

月額給与が少なくとも18万円程度受取っていることが必要です。

人文知識・国際業務ビザとは
人文知識業務に従事する場合の基準
国際業務に従事する場合の基準
当センターのサービス内容
在留資格(人文知識・国際業務ビザ)についてのご相談

HOMEセンター紹介料金表ご依頼の流れアクセスマップお問合せ

Copyright (C) EBISU VISA SUPPORT CENTER. All Rights Reserved. 在留資格(人文知識・国際業務ビザ) 広尾